不動産の相続は税理士に相談して節税を図る!

暦年贈与はなるべく早い段階から行いましょう

相続が発生したことを知った日から10月以内に、国税局に対して申告及び納付を行わなければならないのが相続税です。
そんな相続税、どのような節税方法があるかをいくつか紹介します。
個人に対して財産を無用譲渡することを「贈与」といいます。
日本の法律では、年間110万円まで個人に対して贈与を行う事が可能であり、この法律を利用し、相続が発生する前から年間110万円の贈与を繰り返すことで、相続発生時の相続税総額の減算や、相続税を支払う為の現金のプールが可能にとなるのです。
但し、「相続の発生時点から3年以内に発生している贈与」は、相続税の対象となってしまう為、なるべく早い段階から準備を行っておく必要があります。

暦年贈与が難しい場合には相続時精算課税制度を

先に紹介したように、相続発生時から遡り、3年以内に発生している贈与は相続税に組み込まれる事となってしまいます。
様々な事情により、暦年贈与の形態を取ることが難しいと思われる場合にも、相続税の減額を行える方法が存在します。
それが、「相続時精算課税制度」という法律です。
この法律には前提条件が存在し、贈与者が60歳以上であり、受贈者が20歳以上という条件が満たされれば適用可能です。
この制度の適用を行うと、2500万円までの贈与は非課税となり、2500万円を超過した金額から一律20%の税額が課されることとなります。
この制度は、相続発生以前に譲渡された財産で、財産運用を行える等のメリットがあります。
但し、相続時精算課税制度の適用を行うと、それ以後暦年贈与110万円控除の法律は適用されず、一律20%の税率が課されるので注意が必要です。

© Copyright Management Primarily. All Rights Reserved.