税理士に聞く!相続財産の対象となる遺産は?

相続税の課税対象となる財産

相続税は被相続人の財産を相続や死因贈与、遺贈によって取得した場合に支払う必要がある税金です。現金や不動産、有価証券などの他にも特許権など金銭的に評価可能な経済的価値のある全てのものが課税の対象となります。死亡退職金や被相続人が保険料を負担していた生命保険金なども相続や遺贈によって取得したものであると見なされるため課税対象です。また相続人や受遺者が相続開始前3年以内に被相続人から財産の贈与を受けていた場合には、原則として相続財産に加算されます。実際に被相続人に属していたどの財産が相続税の課税対象となるかの判断や、相続税額の計算には専門的な知識が必要となります。税の専門家である税理士に相談するのが合理的な方法です。

合理的な相続税申告を行うには

被相続人の財産には現金や不動産などプラスの財産の他にも借入金などマイナスの財産が存在します。そのうち一身専属的な財産以外のものが相続財産になります。一身専属的な財産とは被相続人のみが権利を享受し、義務を履行できる財産のことです。例えば雇用契約上の労働債務や扶養の権利義務などがこれに該当します。このように相続税を計算するためには対象となる財産を明らかにすることが必要です。さらに適切な計算を行うことで支払う相続税額を適正な額に抑えることができます。相続税を申告する際には相続専門の税理士に依頼することが合理的です。税の専門家である税理士にも、所得税や法人税などそれぞれ得意分野があります。特に年間の相続税の申告実績数に注目することで、相続分野に詳しい税理士かどうかを見極めることが可能です。

© Copyright Management Primarily. All Rights Reserved.